おすすめ記事3Kと言われる所以

やりがいを感じられるかは自分次第

やりがいを求めて転職する際のメリットデメリット

転職によるメリットデメリット

転職によるメリットデメリット

Pocket

やりがいのある職場を目指す

利用者の方の立場を最優先として働いている方、逆に今の職場に不満があり転職を考えている方もいると思います。やりがいを持って仕事に取り組むこと、このことが介護職を続けていくうえで大事な核の部分となります。そこで、転職に伴うメリットとデメリットをあげて、失敗しない転職方法を考えてみます。

転職のメリット

転職を考えると不安で、最初の一歩を踏み出しきれない方も多いかもしれません。まずは、転職する場合のメリットを考えてみましょう。前の職場で人間関係に問題があった場合は、転職先で新しい人間関係が作れるので安心です。介護の仕事はチームワークが重要で、人間関係につまずくと仕事をすること自体が大変になります。馴染めなかった環境を変えて、雰囲気の良い職場に転職できる可能性があることはメリットです。環境をガラリと変えて、やりがいのある職場で新たなスタートをすることができます。
また、種類の違う介護施設への転職は、他の業務を経験できて、仕事内容を幅広く学べるでしょう。仕事をこなすなかで、思っていた仕事内容と現実が違うと感じることもあると思います。例えば、利用者の方の介護方法です。利用者の方個人に対しての介護が少ないことに疑問を感じれば、訪問介護を行っている施設へ転職しましょう。種類の違う施設では、学べることも違います。色々な経験を活かしながら、スキルアップできることはメリットです。

転職のデメリット

新たな職場での負担は、自分の実力を発揮しながら仕事に取り組むことができるかどうかです。介護の仕事の基本的な部分は、施設が違ってもほぼ同じでしょう。ただ、施設ごとの特徴などからマニュアルは異なることが多く、違いに順応していかなければなりません。慣れたやり方を変更していくことはデメリットと言えるでしょう。施設ごとの理念は、その時々で理解を深めましょう。以前の職場と新しい職場のルールをしっかり分け、戸惑いをなくしていくことが、より早く仕事に慣れるポイントです。
また、職員同士や利用者の方と新たに関係性を築いていく労力も、負荷となります。現在の職場で人間関係に不満がない方には、デメリットになる要素です。

転職先として相応しい場所

転職を考えている方には、「本当に未練がないか」を自分自身に問いかけて欲しいのです。そして、介護をする行為が嫌なのか、職場が嫌なのか、原因を理解しましょう。原因の内容によっては、全く違う業種に転職する選択肢もでてきます。新たな介護施設への転職をするなら、人間関係や待遇を考え、介護職の経験や資格を活かせる場所を探しましょう。今、需要が上がってきている介護職は、実際に人の役に立つ社会性のある重要な仕事です。やりがいを感じる部分を尊重して、新たな職場で仕事と向き合ってみましょう。
転職の方向性が決まったら、転職先を専門の転職エージェントで探しましょう。介護専門の転職エージェントを上手く使うと、転職にかける時間の効率化ができます。今後のことを考えて早めに行動すること、自分の理想とする環境をしっかり選ぶことが大切です。

お薦め記事

介護職で勤続年数を重ねていくと、業務にも慣れてきて自分が思っている以上にモチベーションが落ちてきます。そんな時は、自分の特技を仕事に活かしてみましょう。やりがいを持ち直す機会となります。