おすすめ記事成功に導いてくれるエージェント

やりがいを感じられるかは自分次第

介護職のキャリアパスを明確にする資格取得

キャリアパスを明確にするための資格取得

キャリアパスを明確にするための資格取得

Pocket

介護職のキャリアパス

介護職の資格取得のスタートは「介護職員初任者研修」で、従来のホームヘルパー2級に該当します。これは、各都道府県の実施要綱に基づいて、各都道府県が指定した養成機関で実施されるものです。介護業界で働くためには必須の研修で、130時間の研修を受け、修了証明書の交付を受ける必要があります。看護師などの有資格者は研修の免除制度があります。
次は「実務者研修」です。将来的に国家資格の「介護福祉士」を取得するためには、必須の資格となります。450時間以上(介護職員初任者研修を修了した人は、130時間が免除されるので320時間)の研修を受け、修了までに6ヶ月以上と時間もかかります。すでに介護職に就いている人でも受講しやすいように、受講にあたってはさまざまな配慮がなされています。
その次が「介護福祉士」です。国家資格であるため、専門性も高く、現場でのニーズも高いので、待遇面でも優遇される資格となります。介護福祉士の資格を取るには、厚生労働大臣指定の養成施設を卒業するか、または介護等の仕事に3年以上従事し、介護福祉士国家試験に合格するという方法があります。
そして、「介護支援専門員」。俗に言う、ケアマネージャーです。医師、看護師、社会福祉士、介護福祉士などの保健医療福祉分野での実務経験が5年以上あることが条件です。その上で「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格し、介護支援専門員実務研修の課程を修了した場合に、ケアマネージャーとなることができます。
そして、最後の資格は、まだ正式に制度化されていませんが、設置に向けて動きが始まっている「認定介護福祉士」です。これは、国家資格を取得した人が一定の期間仕事に就いた後、研修や審査に合格することで取得できる資格です。現在、研修の中身についての議論が進んでいるところです。着実な資格取得をして、介護職へのやりがいを見出しましょう。

介護資格ならベネッセスタイルケア

介護の仕事を始めるなら、ベネッセスタイルケアの「介護職員初任者研修」を受講しましょう。受講生の満足度が95%と、とても高い評価です。資格取得後にベネッセスタイルケアに入社すると、受講料全額キャッシュバック。介護のプロフェッショナルを目指す方は、「介護福祉士国家試験受験対策講座」をおすすめします。筆記試験と実技試験、それぞれの試験のポイントなどを短期間でマスターすることができます。

こちらのサイト

ベネッセスタイルケア

ケアマイスターで資格取得

ケアマイスターは地域に根差した人材の育成が理念で、どこの地域に行っても通用する人材としての資格取得を目指します。最短3週間で修了するコースから、週1回のコースまで、希望に合わせて選ぶことができます。受講料の割引制度も充実。経験を重ねた頼れる講師が多く所属し、講座修了後の就職サポートなどもあり、安心して資格取得を目指すことができます。

こちらのサイト

介護教室ケアマイスター

お薦め記事

介護職で勤続年数を重ねていくと、業務にも慣れてきて自分が思っている以上にモチベーションが落ちてきます。そんな時は、自分の特技を仕事に活かしてみましょう。やりがいを持ち直す機会となります。